アタイズム

2歳0歳のむすことゆかいに暮らすおかんの記録

【第二子出産レポート】二人目は本当に早い!!45分の超スピード産…とはいえ痛いわ!!

こんにちは、あたいです。

見てくださってありがとうございます。

 

第二子を出産しました!!!

ちまちま出産系の記事を書いていましたが、ようやく出産です。

むすこのときもそうでしたが、今回も出産当日疲れすぎてかえって目が冴えて寝れず、そのときに書いた出産レポをまとめました。

ちなみに第一子のレポも書いてます。

www.atai-no-kosodate.com

 しかも3つにわたって。

 

40週6日13時、入院

38週の時点で子宮口はすでに4cm開いている状態。

おしるしに前駆陣痛と、出産の兆候はすでにめちゃめちゃあるのですが、陣痛にまったく繋がらず、40週6日まできてしまいました。

2週間も子宮口4cmが開いたまま過ごすとは思いもよりませんでした…

診察からそのまま入院へ

そして迎えた40週6日の診察です。

11時頃の診察にて、先生に「生まれないねえ」と言われながら見たエコーは3,500g。

子宮口に至ってはすでに7cm開いていました。

これで家に帰してしまって産気づいたら間に合わないんじゃないかなあ、とボソッと言われ…

ええい入院してしまえということになりました。

子供自体がかなり大きいこと、経産婦でこの子宮口では陣痛がくるor破水したらあっという間だろうということが理由。

来る前から「今日は入院かもねえ〜」なんて言っていたので、若干覚悟は決まっていました。

13時入院、陣痛促進剤を飲みます!

入院は決まりましたが、陣痛はきてないのでこれでは生まれません。

自然に陣痛がくるのが一番なのでまずは今日の診察での内診ぐりぐりで様子を見て、そのあと弱い陣痛促進剤を服薬して様子を見ることになりました。

診察後の内診ぐりぐりでの誘発により、10分おきにイタタ…とは言うんですが、とても陣痛の強さではありません。

助産師さんに子宮口を確認してもらってもやはり7cmのまま進んでおらず。

14時ごろ、服薬を開始しました。

f:id:taredog194:20191006005103j:plain

1時間ごとに3回飲んで、それでダメなら明日から点滴かな〜とのことです。

というかこの日2回も内診ぐりぐりしてるんですよ…

私はむすこのときをひっくるめても内診ぐりぐりの方が陣痛より痛いと思ってるのでほんとにきつかったです。

陣痛促進剤を飲んでもこない陣痛

14時ごろ服用を開始し、3錠飲んでのびのびしているとあっという間に18時。

その間部屋を歩いたり、きつめのヨガをやったりしています。

10分おきの強いお腹の張り(痛みというほどの痛みではない)は5分おきになってます。

でもとてもじゃないけれど陣痛って強さではありません。

陣痛、歩けなくなりますからねえ。

先生曰くなんかいけそうとのことでもう1錠追加し、夕ご飯の時間になりました。

f:id:taredog194:20191006010228j:image

仕事が終わった夫も駆けつけ、ふたりでそわそわと食事。

これが妊婦最後の食事になりました(実際の病院食です。おいちい)

スピード出産の始まり

張るんだけどねぇあんまり痛くないのよぉ、などと夫と談笑しながら完食。

そして完食したまさにその瞬間、お産が始まりました

突然トップレベルに痛い陣痛

ぶつん、とお腹の中で音がしました。

その音と一緒に、突然声もでないほど強い陣痛が始まりました。

椅子でうずくまって動けないでいると、モニターで異変を察したらしい看護士さんが飛び込んできます。

「内診するからトイレ行って分娩台上がってくださいね」と言われるも、全然動けません。

痛みがおさまった隙にコロコロする椅子で身体を支えながらトイレ、そして夫と看護士さんに付き添われて分娩台に上がりました。

f:id:taredog194:20190901000120p:plain

その間5分ほどですが、痛くてしょうがない!!!!!

内診してもらうと、子宮口は8cmに。

つけっぱなしのテレビを見るとNHKの天気予報が地方版に変わったところだったので、だいたい18時55分ごろの話です。

痛みに耐えて全開を待つ

ここからはひたすらに陣痛の痛みに耐える時間…ですが耐えられません(早い)

夫に無痛分娩に変えてくれって看護士さんに言って!とキレちらかします。

ここまで開いちゃったらもう間に合わないって前も言われたでしょ〜(笑)という夫。

そうだよね〜(怒笑怒)とかえす私。

あいかわず痛くても普通に会話できるし、時計までみる余裕が。

その会話をしたのが19時15分ごろでした。 

破水からの即出産

痛い痛いと叫んでいると、思い切り破水しました

夫にナースコールしてもらうと、いきんでる自分に気づきます

もう生まれるじゃないですかー!!!

内診するため夫は退室、入れ替わりで助産師さんが入ってきます。

また内診か……と思っていると、「もう頭見えてるよ?!」

エッ??!!

内診どころの騒ぎでなく、夫が連れ戻され、産科医の先生も慌てて駆け込んできました。

いきんだのはわずか1回

助産師さんたちも状況をつかめておらず、はいいきんで!!とかそういうのもありません。

自然のまま、わたしのペースでいきんだだけで赤ちゃんが産まれてきました……

f:id:taredog194:20191006010244j:image

時計は7時40分。

産気づいてからわずか45分の超スピード産でした。

促進剤を入れていたとはいえ、あのとき帰されていたらと思うとおそろしかったです。

 

人生最後のお産、2人育児のスタート 

と、振り返れば痛かったのはわずか30分程度と、楽なお産ではあった気がするのですが……

なんと赤ちゃんが3900g、それをその速さで産んだためわたしも1500mlと大量に出血してしまい、産後の方が大変でした。

例によって弛緩出血しましたしね。

(前回も弛緩出血してたのです。こんな様子です。)

www.atai-no-kosodate.com

赤ちゃんも大きすぎて出生時の検査に時間かかったりとなかなか心配でしたが、なんやかや一緒に退院できました。

これからは未知の世界、2人育児です!!!

がんばれあたい一家〜〜〜!!!

【出産レポート③】産んでも出産は終わらない〜弛緩出血に会陰縫合、初めての授乳

こんにちは、あたいです。

見てくださってありがとうございます。

 

今回は下の記事の続きとなります。

www.atai-no-kosodate.com

微弱陣痛による陣痛促進剤投与から、4時間のスピード出産となりました。

初産、おつかれさまでした。

お産のあともいろいろあったよ、というお話です。

お付き合い頂けますと幸いです。

お産が終わったら

お産が終わって、赤ちゃんはコットへ。

夫と雑談しながら拭いてもらったり体重測定をされている赤ちゃんを見ていました。

まずは胎盤を出す

うわー小さいし思ったより赤いな…という感想でした。

それを見ているわたしはというと、いまだ分娩台の上。

f:id:taredog194:20190925103847j:plain

本来ならスルッと出るはずの胎盤がなかなか出て来なかったのです。

まさかもう1人いた…?!とか割と本気で思ってしまったくらいまだ意識朦朧としてます。

なんせ出されるのが痛いんです、そんなの聞いてない!!

産む痛みは終わりもあるしいいんですけど、胎盤出すのはただただ痛い……

痛いです、って言ってるうちにもうちょっともうちょっとと騙されながらなんとか出ました。

そこまではよかった。

お産、終わってない?

でもまだ下でガチャガチャやっている。

会陰、結構裂けたかぁ、と思ったけれど少し違う感じです。

外かな?中だね、うーん、止まんないな、収縮弱いね、うーん、と股下から声。

ぼそぼそ話していた先生が大きな声で言いました。

弛緩出血です、人を呼んでください!

弛緩出血

夫や、駆けつけた母は外に出されました。

代わりに看護師さんから助産師さん、研修医から麻酔科医までばたばたと人が。

弛緩出血とは

出産に伴う出血は子宮が強く収縮することで止まります。

弛緩出血とはその子宮収縮がうまくいかず、出血が止まらない…ということです。

詳しくはこちら。→「妊娠&出産のトラブル解説 弛緩出血

コウノドリなんかでは高齢出産の産婦さんが同じ状態になって子宮全摘してましたね。

f:id:taredog194:20190921155954j:plain

大小に関わらずよくあることだそうで、あとから聞いたら母も義母もやってました。

珍しくないとはいえわたしの周り多すぎでは。

出血を止める処置が始まる

中入りますね、と声をかけられる。

なんじゃそれと思ったら子宮に拳が突っ込まれた。

それをさらに上からぐっと押される。

双手圧迫という手法らしいですがこれが痛い!!

出産が終わって完全にひと段落してたところなので痛さ倍増です。

ことの重大さがわかってないので痛いとかって主張するのですが、ここでやめたら出血が止まらなくてもっと大惨事ですからね。

幸いなことに、わたしはこれで出血が止まりました。

あとから聞いたら出血量は540ml

500mlから大量出血扱いらしく、母子手帳には分娩のところに「多量出血」と書かれております。

他の大量出血の扱いの方に比べるとずいぶん可愛い量なので、なかなかよそ様に血が出すぎて大変でした〜とはとても言えない出血量です…

 

会陰縫合と、はじめての赤ちゃん

先生たちのおかげで、なんとか出血は止まりました。

人で溢れていたLDR室も和やかな空気になり、どんどん人が帰って行きました。

裂けた会陰を縫合する

前記事でも書きましたが、とにかく会陰裂傷を恐れていた私

37週に入って以降毎日マッサージなどしていましたが、やはり裂けました

初産ですし、むすこも結構大きかったのでやむをえないところではありますが…

ただ入院3日目で普通に座れるようになったのでそこまででもなかったのかも?

f:id:taredog194:20190925101309j:plain

会陰に麻酔の注射をしてもらい、縫い合わせてもらいました。

今考えると注射っていうだけで卒倒しそうです……

ようやく赤ちゃんと対面

弛緩出血と縫合が終わり、顔面蒼白の夫が連れられてきました。

もう大丈夫という旨を先生と私から伝えられ、ようやくほっとした様子。

それからひょっこりと母も入ってきました。

それから赤ちゃんがようやくわたしのところにやってきてくれました。

大きく生まれたむすこ(3720g)ですが、ほんとうに軽くて小さくて…

それでも一生懸命おっぱいを吸う姿に、柄にもなくじーんとしてしまいました。

f:id:taredog194:20190925103957j:image

でも何より、本当に人間が入ってたんだ…という驚き!!

頭ではわかっていたのですが、赤ちゃんが出てきたことにびっくりしてました。

 

育児のはじまり

10ヶ月の妊婦生活が始まり、終わりのないいくじが始まりました。

出産は大変だったしへとへとでしたが、3年近く経つとなんとなく笑い話です。

やっぱり振り返ると出産ておもしろかったなぁ。

痛くないというのはまったくの嘘になりますが、産むと痛いのを忘れちゃう…というのはあながち嘘じゃない気がします。

なんにせよ、どんなもんか経験してみるもんだなあというのは強く思いました。

前記事②と当記事③の間に出産してるんですけども

機会があれば第二子の出産も書ければと思っています。

3記事にも渡りお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

【出産レポート②】陣痛促進剤投与〜出産まで!あっという間に全開!そして会陰裂傷の恐怖…

こんにちは、あたいです。

見てくださってありがとうございます。

 

今回は下の記事の続きとなります。

www.atai-no-kosodate.com

陣痛促進剤を投与し、なんとかその日中に産もうということになったお産。

出産までをズバッとまとめました。

14:10 陣痛促進剤、投与開始!

微弱陣痛になってしまい、ストップしてしまったお産。

夫が遠方から来ていたこともあり、今日中に産むのを目標についに促進剤の投与が開始されました。 

助産師さんと出産について少し雑談

促進剤を投与すると、1時間に約1cm子宮口が開いて、全開は21時ごろ。

そこから頑張って今日中には生まれるかな〜とのこと。

もちろん早まる人もいるし、逆に遅くなることだってある。

なんにせよ、まだそんなにかかるの……と夫婦揃って白目です。

母はじゃあまた夜来るといって帰りました。ナイス判断。

効き始める促進剤

助産師さんが退室してから、今度は夫と雑談。

そのとき私は夫にあらかじめ伝えました。

自分がものすごく薬が効きやすい体質だということを。

f:id:taredog194:20190831235838j:plain

特に精神的なものが大きく、痛み止め打たれた数分後に治った〜とか言い出すちょっとアレな女なのです。

そういうわけで、「21時頃生まれるかな〜」と予測。

相手(赤ちゃん)のあることなので、どうなるかはわからなかったんですけどね。

痛いよ!!本陣痛!!!

案の定、促進剤はめちゃめちゃ早く効いてきました

看護士さんが焦って点滴の速度を見直してましたが予定通りだったようなのでやっぱり効きやすい私の体質。

15時ごろにはだいぶ痛みが強くなり、昨晩から寝てなかったこともあって意識を飛ばしつつ、痛いときは起きて叫ぶ、という感じになっていました。

痛くないときは落ちるように寝ていたので、正直ほとんど記憶がありません

夫曰く、陣痛の間隔は3分程度になっていたようです。

16:00 内診にて子宮口チェック

促進剤を投与して初めての内診です。

なんと16時の時点で子宮口は7cmまで開いていました!!

1時間に1cm予定が1時間で1.5cmという進みの良さ…だったのですが、「全開までまだそんなにかかるのー!!?」と絶叫。

半ば寝ていたわたし、ここで覚醒しました。

痛みを紛らわせるためにとにかくしゃべり倒す

目が覚めてしまったので、痛みを紛らわせるために常にしゃべり続けています

看護士さんやお医者さんが入ってくるたびにはじめましてだのよろしくだのと挨拶してみたり。

f:id:taredog194:20190901001918j:image

院内放送でコードホワイトが流れればコードホワイトってなんですかと聞いてみたり。

つった足をマッサージしてくれる助産師さんを褒めてみたり。

足を揉め、喉が渇いた、痰が絡む、と夫にも言っています。

でも頭は冴えてるので暴言ではなく「悪いけど」とか「よろしく」とかつけて…

これで痛みを紛らわせているので超音量でしゃべってます。恥ずかしい。

みんな笑ってましたからね。入院期間中めっちゃいじられる私。

常に理路整然と喋っていたようで、冷静さを褒められたりもしました。

どんなだよ。

16:50 ついに全開。出産へ。

痛い痛いと思っていたら16時に7cmだった子宮口、16時50分に全開になりました。

1時間足らずで3cm!!そりゃそんだけの速度で進んだら痛いよね!!

ようやく全開だ〜と思いながらあとどれくらいかかるか助産師さんに聞くと、ここから2〜3時間との、こ、と…

まだそんなにかかるのーー!!?」(2回目)

いきみたい&会陰裂傷の恐怖

子宮口が先ほどまでの痛みに耐えるだけだった時間とは違います。

赤ちゃんが降りてきているのがわかるのです、いきむと進んでくるのです。

陣痛がくるのに合わせていきむ必要が出てきました。

f:id:taredog194:20190901000120p:plain

というか、進んでくるのでいきまずにはいられません。

陣痛中に頑張って3回いきむんですけど、パワーが足りないのかどうしても引っ込んでしまいます。

しかも途中、「あ、陣痛ないときにいきんじゃだめだよ!会陰、裂けるからね!!」と言われてしまいます。

つまり、私の中で出産前に想像していた中で一番恐れていた「会陰裂傷」。

このワードがどうしても頭に残ってしまい最後の最後までいきみきれない……

覚悟を決める

内診をしていた助産師さんが「わーこの子ちょっと大きいわ!大変だけどがんばれ!」と。

知ってた(39週で推定3600gこえてた)

ふつうにいきむだけでは出てきそうにありません。

それに、気づくと陣痛の時間自体がちょっと伸びている気がします。

もう1回分いきむことができそうなくらい。

いきまないとお産は終わらない。

会陰裂傷がどうとか言ってられない!!

もうどうにでもなれ〜〜!!という気持ちでいきむと、明らかに進みが違う!!

赤ちゃんがどんどん降りてくる!

さっきの「陣痛がないときにいきむな」はまさにこのとき。

赤ちゃんが途中で引っかかってるので、もう出せそうなのに出すなと言われています。

もう戻せないんだから「いきんでいいですか〜〜!!」って思わず叫びました。

そして出産へ

これから出産を控えている方には生々しい感覚で申し訳ないんですが…

ちょっとだけヒッてなりそうな表現があるのでお気をつけください。

むすこ、生まれる

明らかにぶちぶちさける感覚とともに、ずるっと、赤ちゃんが出てきました

あ、裂ける感覚はあるんですけど痛くはなかったです、それどころではなくて

嘘みたいに身体が楽になって、わあっていう看護士さん助産師さんの声が聞こえて、産声が聞こえました。

f:id:taredog194:20190901001059j:plain

ぽろぽろ涙が出たけれど、頭が真っ白になってよく覚えてないです。

ただただ無心で、生まれてきた我が子を見つめていました。

ずっと側にいてくれた夫のおつかれさま、でまた涙が出ます。

夫とは10年一緒にいますが、泣いてる(涙目)のを初めて見たのです。

初産はこれでおしまい、あとは医療!

実はここから先も結構ありました!

胎盤出したり、会陰縫合したり…私の場合弛緩出血でさらに大変なことに。

さらに続きます。

お付き合いいただけますと幸いです。

 

【出産レポート①】初産は破水スタート!!破水〜微弱陣痛で陣痛促進剤投与まで

こんにちは、あたいです。

見てくださってありがとうございます。

 

ついに39週に入りました!!

もういつ生まれてもおかしくない状態です。 

むすこのときもそうでしたが、毎日そわそわ暮らしています。

そんなわけで第2子の出産を前に、むすこの出産時の様子について書きました。

入院中に書き溜めたものを改めて清書した感じです。2年越し。

出産の前兆てんこもりの出産前日

出産の前兆といわれるもの、たくさんありますよね。

  • 前駆陣痛
  • おしるし
  • お腹が下がる
  • 胎動の減少

私の場合、39週4日を迎えても一向にありませんでした

ものすごく弱い前駆陣痛がときどきあったくらいで…….

39週0日の検診ですでに3500gを越えていたため、いつになるの!?という思いを抱えながら、毎日2時間ばかし歩いておりました。

出産前日、突然出産の兆候が

まず出産前日の朝、いつものおりものとは明らかに異なるおしるし…!

この時点でちょっと慌てますが、おしるしだけでは何もできないし、特に痛みもないのでそのまま。

いつも通りウォーキングに出かけます。

f:id:taredog194:20190829231722p:plain

その後、お昼過ぎにひと休みしているとものすごい胎動があり、肋骨が折れるのかというほど。

でも夕食後、その胎動がかなり減ったのです。

もちろん胎動カウントをすれば30分に1回は必ずあるので心配するほどではないのですが、昼間に比べ、明らかに減っています。弱いし。

当時は里帰りだったため、一気にお産の兆候がきたね〜、と、夫と電話で話しながら寝ました。

深夜1時過ぎ、破水!!

夫と電話をしたのが12時すぎ、切ったのは12時半頃。

ですが妙に浮ついて目が冴えてしまって眠れず、ごろごろしていました。

破水だ!

ごろごろしていた1時すぎ、つうっと何かが流れ落ちる、明らかに尿漏れとは違う感覚が…

慌てて飛び起きトイレに駆け込むと、ぼたぼたと血混じりの水が流れ落ちてきました!!

これはどう考えても破水…

というわけで、おりものシートを夜用ナプキンに付け替えてトイレをでました。

手筈通りに病院に電話、破水だろうということですぐ来るように告げられます。

そのドタバタで上の階で寝ていた母も起き、病院まで送ってもらえることに。

破水のレベルとしてはちょろちょろ…くらいでしたので、一応バスタオルを当ててはいましたが、ナプキンから溢れることはありませんでした。

いざ病院へ

そして深夜1時半ごろ、病院に着くとすぐにLDRのある部屋へ。

まさか尿もれだったらどうしようと思ってましたが、成分的にも破水で確定だったのでそのまま入院することに。

f:id:taredog194:20190829231905p:plain

ちなみにそのときは子宮口2cm、1週間前の健診は1cmあるかないかだったので全然開いてないです。

そこで気付いたのですか、そもそも陣痛がきてない

破水してから24時間以内に陣痛が来るそうなので、破水直後に陣痛がないこともままあるのですが……

とりあえず入院したことを夫にLINEして母にも一度帰宅してもらい、明日に備えることにしました。

それが深夜2時半のことでした。

ちなみに今回のことを踏まえて二人目の出産で備えた入院準備は以下の通りです。

www.atai-no-kosodate.com

出産当日、午前中

2時半に就寝し、痛みで起きたのは2度ほど。めっちゃ寝てます

看護師さんが朝ごはんを持ってきてくれたことで目が覚めました。

ふつうに寝てましたね……朝ごはんも完食です。

陣痛を促そうの巻

子宮口も全然開かないまま、陣痛も1時間に1回あるかないか。

助産師さんには「まだまだみたいだからどんどん動こう!!」と言われる始末……

産婦人科のフロアをあっちへウロウロこっちへウロウロ。

部屋に戻ってはヨガをしてみたり……。

f:id:taredog194:20180813150141j:plain

夫が大阪から到着した時もヨガの最中だったので、お産が進んでいると思っていた夫は「???」といった感じでした。そらそうよね。

色々やってじわじわ陣痛が来始めたものの、その間隔が10分を切ることはあまりありませんでした。

微弱陣痛の巻

お昼ご飯まで食べた13時半、また内診の時間です。

この時点で破水から12時間。

現段階では陣痛よりむしろ内診のほうがめちゃくちゃ痛いのですが、子宮口は4cmと、全然お産が進んでません。

f:id:taredog194:20190829232322j:plain

11時過ぎからちょっと進んでいた陣痛の間隔も10分を切らず、助産師さんからは微弱陣痛との診断。

ここから本格的に陣痛が始まって、そこから一般的に12〜15時間かかる、とお産のしおりに書いてあったのを思い出し、気が遠くなりました。

出産当日午後、促進剤…?

しばらくしてから助産師さんが戻ってきました。

促進剤を投与するのはどうかということでした。

陣痛促進剤??

理由は

  • 微弱陣痛状態にあること
  • 判断が遅れるほど子宮の筋肉や赤ちゃん自身も疲れてしまい、促進剤が効きにくくなること
  • 夫が大阪からきているため、本陣痛がいつになるかがわからずこのままだと帰れるのが大幅に遅れてしまうこと(夫は別にそれはどうでも…と言ってたけど)

の3つ。

実は私はバースプランに「促進剤は入れないでほしい」と書いていたのです。

理由は単純で、「促進剤入れるとものすごく痛いらしい」ということ。

自然なお産がいいとかそういう理由ではなく、痛そう…程度の理由。

現在の痛みというかどっちつかずの状態が早く終わるなら…ということで、促進剤の投与を決断しました。

促進剤を投与することに!!

促進剤の投与にあたり、いろいろと説明を受けました。

書類に署名する余裕まであったので(ない人もいるらしい)やっぱりあんまり進んでなかったのですね。

いろいろと準備があるので、14時すぎから投与することになりました。

初産、がんばります!!

めちゃめちゃ長くなってしまったのでとりあえずここまで。

次回、ついに出産です。

お付き合いいただけますと幸いです。 

www.atai-no-kosodate.com

 

妊娠11週と妊娠12週のようす 〜超えるか12週の壁!そしてつわりの終わりは…!?

こんにちは、あたいです。

見てくださってありがとうございます。

 

今回は妊娠11週〜妊娠12週のお話です。

11w0d〜12w6dまでの2週間です。

いわゆる妊娠12週の壁を超えるか超えんかというところです。

前回は超えられなかった壁ですのでかなりハラハラしている週。

前回のブログはこちら。

www.atai-no-kosodate.com

スリリングなタイトルですが無事血は止まってます。

大丈夫です。

 

妊娠11週(11w0d〜11w6d)のころ

つわりで苦しい時期ではありますが、ライブに行くなどしています。

途中お腹が張ったりして休み休みではありましたが、いい気分転換になりました。

お腹の調子は快調&出血もストップ!

9週のころの排便ごとの出血は止まり、便秘も改善!

妊娠中のマイナートラブルはだいぶ改善されました。

f:id:taredog194:20190826230641j:plain

つわり以外はね!(つらい)

相変わらず毎日変わる食べられるもの探しに奔走しつつ野菜野菜と野菜を食べる日々です。

ついにマタニティウェアを導入

下着は比較的早い段階でマタニティ仕様に変更していたのですが、ついにズボンもきつく…

(ボタンを外したりベルトで留めたりしてました)

前回妊娠時に着用していたマタニティウェアを引っ張り出してきました、

特にお世話になったのがこちらのミルクティーさんのワイドパンツ。

とてもマタニティウェアには見えないですよね。

カジュアルだけでなくオフィス系も充実しているのが嬉しいところ。

前回は仕事もしていたのでこちらのカッチリした服にはとても助かりました〜

 

妊娠12週(12w0d〜12w6d)のころ

ついに12週!壁は超えることができるのか…?とちょっと恐怖の週。

でも心配してばかりではいられません。

意を決して病院に向かいます。

いざいざ妊婦健診へ!

元気そうで本当に安心しました。

小さな体ではありますがぴこぴこと動いて見せてくれます。

f:id:taredog194:20190826230853j:image

もはや経膣エコーでは写りきらなくなってしまい、念願の経腹エコー。

もう大きさ、週数的にも十分とのことで12週の壁は超えてくれました

ほんとうに一安心です、ああよかった〜

ピークは越えたのか、つわり!?

つわりの様子はというと、全然超えてないです

先生には「次回の健診のときにはもう終わってると思うから体重管理気をつけてね〜」と言われてしまいました。

終わる気配は全然ないのですが、そうなんです。

12週をすぎると検診の間隔が2週から4週に伸びるんですよね。

つまり次回の検診の時はもう妊娠16週。

さすがにつわりも終わっている…はずですよね。

美味しく何も気にせずご飯が食べられる日が来るなんて想像もできませんが、そんな未来を待ち望んでいます。

つわりに耐えながらごはんを作っていた時のブログがこちらです。

www.atai-no-kosodate.com

安定期まであとわずか

前回の妊娠ではもう流産の処置も済んでしまっていた12週の壁。

先生も喜んでくれたので私も泣き笑いしそうになってしまいました。

なんにせよ安定期まであと4週!

もちろん油断はできませんがまったり構えてまいります。

【写真あり】まもなく出産!経産婦も入院準備したよ!あってよかったものやカバンの大きさも!

こんにちは、あたいです。

見てくださってありがとうございます。

 

早いものでもう35週です。2人目は本当にはっやい。

前回の妊娠ログを見てみると、ちょうど里帰りをして本格的に出産に備え始めたところ。

ということは、今回もそろそろ用意する必要があります。

出産のための入院準備。

そもそも入院なんてしたことない…という人の方が多いのではないでしょうか。

そんなわけで調べつつ、前回の反省&便利だったものを準備しました!!

 

 

下準備編 何が必要?カバンの大きさは?

まず、病院からもらったしおりを確認しましょう。

あらかた必要なものが書かれていませんか?

しおりをしっかり読む!!

各種サイトでリストアップされている入院時のパジャマですが、私の産院では病院側で用意されていたため不要でした。

ということのないように、まずはしおりを確認することが大事!!

ただでさえ物入りの時期なので、無駄な買い物はできるだけ避けたいところ。

それから、少なくともカバンの中を二つに分けておくと便利だと思います。

ひとつは出産用

そして、産後の入院生活及び退院の準備用

特に出産前のものはカバンあけて2秒で取り出せるほうが絶対にいいです。

 

カバンの大きさは?

これはパジャマの有無でだいぶ変わってくるのではないでしょうか?

うちの病院はパジャマ不要だったので2〜3泊の荷物が入るカバンで大丈夫でした。

お見舞いが頼れないうえにパジャマが必要な場合は5泊分必要となりますし、大き目のトランクがいることになると思います。

 

出産用の荷物

まずはお産のための荷物。

最初に書いてますが、入院カバンには最後に入れてすぐに取り出せるようにしておくと便利!!

焦ってますし、タイミングによっちゃ陣痛と戦ってますからね…

そんなわけでお産のために準備したのはこちら。

f:id:taredog194:20190811153123j:image

  • ペットボトルにつけられるストロー
  • お茶や水など飲み物
  • 分娩用監視ベルト
  • 軽いおやつ(日持ちするもの)
  • ティッシュ

いきみのがし用のテニスボールなどが必要な方もいるかと思いますが、わたしは全然しなかったのでいれませんでした。

スリッパも必要な病院が多いですが、うちは用意してもらえました。

どこのサイトにも書いてますし、助産師さんにも言われましたし、私も絶対必要だと思ったのはペットボトルにつけられるストロー!!

差し迫ってくるとペットボトルに蓋をする余裕もないですし、横にしても(そんなには)漏れないし。

これがあるとないとで大違いだと思います。

同じ理由で軽食ですが、特にこだわりがなければウィダーみたいなやつが楽です。

寝たまま、こぼさず食べられるのはありがたい!

 

入院準備用の荷物

こちらは大きく分けて3つ必要でした。

自分が身につけるもの編

まずは下着やショーツなどなど、身につけるもの編です。

さすがに下着なので写真はありませんが…

  • 授乳ブラ+乳帯 3セット
  • 産褥用ショーツ2枚、生理用ショーツ2枚
  • カーディガン
  • むくみ防止靴下2セット
  • メガネ

下着の上下セットはしおりに書かれている通りそのまま用意しました。

カーディガンは万が一病棟が寒かった時用。

このなかでも私が前回必要だったのはむくみ防止の靴下

前回は3日目以降ものすごく足がむくんでしまい、退院時にもまだ靴が履けない状態…

今回はその反省を生かし、先んじてメディキュットを入れておきました。

 1セットだけいれ、もう1セットは現在利用しているものを洗濯してもらい、夫に持ってきてもらう予定です。

入院生活の必需品編

それから入院生活のためのもの。

f:id:taredog194:20190809155109j:image

  • お風呂用品
  • 保湿用品
  • 洗顔用品(泡立てネットやヘアバンド)、コップ
  • フェイスタオル 2枚
  • ごほうびフェイスパック
  • ボディクリーム
  • 小さめの財布、小さめのカバン

歯磨きセットは病院からもらえるので用意しませんでしたが、必要な病院もあると思うので注意です。

ボディクリームはあまり匂いのするものだと他の入院者の迷惑になる可能性もあるので気をつけましょう。

大きい財布はかさばるのでセキュリティボックスにいれつつ、小銭を小さめの財布に入れておくと安心です。

 

娯楽セット編

娯楽というより、なんというかもろもろです。

充電器以外はなくてもいいかと思います。

f:id:taredog194:20190811153731j:image

  • お茶(ティーバッグ、インスタントコーヒーのセットなど)
  • ふりかけ(むすこのトミカふりかけを拝借)
  • 雑誌や漫画、本など
  • 充電器

お茶はひとやすみのために、ふりかけは真っ白ご飯がさみしいときに。

雑誌や本とありますが、赤ちゃんは思ったより寝ないので、そんなに暇を潰すことがないかもです…

それでも時々ぽっと時間が空くことがあるので、なにかひとつあるといいかもしれません。

わたしはKindleをもっていき、そこに本を数冊と漫画を持っていく予定なのでまだ荷物に入れてはないです。

忘れないように気をつけないと……

 

赤ちゃんの持ち物編

f:id:taredog194:20190811154645j:image

  • ガーゼハンカチ数枚
  • 爪切りまたは爪ヤスリ

赤ちゃん、想像以上に爪が尖って生まれてきました。

爪も薄いので、赤ちゃんがすぐ自分の顔を傷つけてしまいますし、こっちも痛いです。

もちろん病院でも借りられますが、いちいち看護師さんや助産師さんを呼ぶよりは持って行ったほうがいいです。

どうせ退院してからも使うので、あるとおべんりです。

初産のときはビビリだったのでもしハサミが怖く、爪ヤスリで削ったので今回も念のため、です。

 

退院準備

これは場合によってはカバンに入れず、退院時に付き添ってくれる家族に持ってきてもらうのもありだと思います。

あんまりかさばるのもこまりますしね。

  • 自分の服
  • 赤ちゃん用の服(季節に合わせたものを)
  • おくるみ

自分の服ですが、まだお腹の締め付けがきついかもしれないのでマタニティウェアをオススメします。

マタニティウェアじゃなくてももちろん大丈夫ですが、授乳口のないワンピースはやめたほうがいいです!

特に完母の場合、帰る途中または帰って即授乳をしなければならない場合があるのでめくるのがすごく大変なので…

それからおくるみですが、新生児はまだ抱っこ紐に入れるのも心配なため、おくるみのほうが気持ちが楽です。

 

実際に詰めた写真がこちら

こんなもんです。約2.7kg。

f:id:taredog194:20190809155011j:image

そこまで大きくならなかったですね。

現段階で軽いな〜小さいな〜と思って余計なものを入れるのはほどほどにしとくといいです。

いざ陣痛!!のお腹が痛い状態でもつときつくなるかもしれないので、控えめに…

 

書いてるうちに35週→36週になってしまいましたが、わたしもこれで準備完了。

あとはうむだけだ!!!

 

つわりで夕飯の支度がつらい…おすすめレシピやメニュー、調理法はある?

こんにちは、あたいです。

見てくださってありがとうございます。

 

つわり、つらいですね。

いろいろなつらさがありますけど、個人的には夕飯作りがとにかく大変でした。

食欲がないのにメニュー考えて作らなきゃいけなかったり、匂いがダメなのに台所に立ち続けなきゃいけないし…

もちろん「もう無理ー!!!」なときはお惣菜を買ってきましたし、オットには外食してきてもらったりもしました。

でもコストもかかってしまいますし、毎日夕飯作りをサボるわけにもいきません…

あの手この手で楽をする手段を色々考えてみました。

そのときの記録です。

 

おすすめのレシピやメニュー 

まずは匂いも我慢できる、頑張れる…「とりあえずなんとか作れる!」というとき。

そうめん、冷やし中華など

あまり炒めたり煮込まなくていいようなものがオススメです。

同じパスタだとどうしても具材を一緒に炒めたりして匂いが出てしまうため、特にニンニク系統だと私はきつかったです。

その点そうめんや冷やし中華なら具材を乗せるだけでいいので楽でした。

サンドイッチ

とにかく食べれるものを挟む!!

私がしょっちゅうやっていたのはこれ。

魚の缶詰(さんまやいわしの蒲焼き)+トマト+レタスにマヨネーズを塗るだけなので楽チンです。

無理に食べれないものを挟むより、好きなものだけを挟んだ方が食べられるのでオススメ。

f:id:taredog194:20190721160343j:plain

同じく、丼ものも好きなものをドカンと乗せればいいだけなので楽ですが、ごはんを炊く匂いがダメなひとが多いのでなかなかオススメしづらいです…

ですが、ごはんの匂いが大丈夫!という方にはぜひ丼ものをオススメします。 

 

レンジでつくる

とにかく匂いがダメ!というときにオススメなのがレンジ調理

火を使った調理よりは格段に匂いが抑えられます

最悪、レンジ調理中は台所から出てしまうという手もありますしね。

目を離してもOKなのでレンジ調理中に別のものを作ることもできますし、かなりの時短になります。

そんなわけで今回特にお世話になった2冊をご紹介します。

どちらもジップロックコンテナを頻繁に利用するのでこちらもオススメです。

ジップロック コンテナー 保存容器 正方形 1100ml 2個
 

 syunkonカフェごはん レンジで絶品レシピ

まずは山本ゆりさんのレンジで作れるレシピ。

もともとつわりになる前からめちゃめちゃお世話になっていました。

山本さんの他のレシピ本を見ていたときにレンジ調理のコーナーを見つけ、「レンジ調理なら匂いが出ないのでは?」と思い立ったのです。

いつもの山本さんのレシピがレンジで楽しめることもあり、すごく重宝しています。

ブログをご存知の方も多いと思いますが読み物としてもすごく面白いです。

syunkonカフェごはん レンジで絶品レシピ (e-MOOK)

syunkonカフェごはん レンジで絶品レシピ (e-MOOK)

  

忙しい人専用「つくりおき食堂」の超簡単レシピ

Twitterで紹介されているのを見て買いました。

これもものすごく楽チンです。

つくりおき…のご本なのですが、つわりが終わった今、結局全部食べちゃうんですよねえ。

今日は何にしよう??とパラパラ見れる本を重宝しましたがWebサイトもあります!

ナス余っちゃってるんだけど…というときに材料から検索できるのもありがたいです。

忙しい人専用 「つくりおき食堂」の超簡単レシピ (扶桑社ムック)

忙しい人専用 「つくりおき食堂」の超簡単レシピ (扶桑社ムック)

 

 

ミールキット

次に匂いは大丈夫だけど、食欲はないのでメニューを考えるのが苦痛…というときに使えたミールキット。

コストは少々かかってしまいますが栄養バランスもよく、家族には美味しく食べさせられるのでとてもよかったです。

ヨシケイ

ミールキットといえばここといっても過言ではないヨシケイ

とくにすまいるごはんプチママは離乳食のとりわけレシピもついているのが嬉しすぎるところ。

第二子妊娠の場合、うちもそうですが小さい子供がいる場合が多いためとっても助かります!

むすこと私で1人分、それから夫と、合わせて2人分で注文すると、1日1,000円ちょっと

調理時間も20分ほどで済むので、産後に職場復帰した友人たちもよく使っています。

イオンネットスーパー

というよりは、イオンのCookitというミールキットです。

こちらはメイン1品のみの調理となってしまいますがその分自由度が上がります。

なかでも重宝したのが冷凍の調理キット

作る気ではいたけれど、突然つわりが悪化…というとき、冷凍のミールキットがあると一品必ず仕上がるので最高でしかないです。

さらにネットスーパーを使えば重いものを持ってきてくれたり、家でレシピを調べてから注文…という楽さがあるのでこちらも産後動けないときに楽です。

 

とにかく無理をしない

それでもダメならお惣菜です。お弁当です。

1食、なんなら1日くらい抜いたって死にはしませんし、赤ちゃんだって大丈夫と先生言ってました。(聞いた)

もちろん何日も食事も取れていない、あまつさえ水分さえ取れない…という場合は別です。

そういう場合はしっかり検診のときに先生に相談

とにかく無理だけはせず、つわりを乗り切りましょう…!!