アタイズム

2歳0歳のむすことゆかいに暮らすおかんの記録

むすこの人見知りがすごい

こんにちは、あたいです。

見てくだすってありがとうございます。

 

この記事を書いているいま、むすこは1歳半になろうとしています。

むすこはおそらく、育てやすい部類に入ってくると思います。 

子育ての悩みって、ほとんどありませんでした。

ところが最近、そうでもない感が漂ってきました。

昨今、むすこはとにかく人見知りがひどいのです。

f:id:taredog194:20180607234246j:image

 

むすこの人見知り事情

範囲 

まず、他人様は全員ダメです。

母(私)と父(夫)、あとギリギリ祖母(私の母)だけです。

 

数メートル前からにこやかに微笑んでくれるマダムがいただけで俯いて立ち止まり、しがみついてきます。

どんなに陽気に歩いてても突然立ち止まる場合の理由は大体これです。

ただこれは距離があるので泣きません、5分くらいテンションだだ下がりになるくらい。

お店のレジとかで話しかけられるのでも一発アウトです。号泣。

 

児童館では…

子供もそのママも、職員さんもいる児童館ですが、意外と大丈夫です。

タイヤ大好きボーイなので、一目散に車ないし電車のところに駆けていって遊び始めます。

そう、子供または職員さんが近づいてくるまでは

子供って、他の子が楽しく遊んでると気になって近づいてきますよね。

当然、むすこが車で遊んでいると他の子がなんだなんだと寄ってきます。

そうなるともうダメです、おもちゃを放棄して俯き、しがみついてすすり泣きが始まります。

 

子供、どれくらいから苦手なんだろう…と思ったらずり這いの赤ちゃんが後ろを通っただけで硬直してました。

がんばれ。

 

 

教室に通ったよ

こうなれば荒療治だ、と思い、同じ年代の子が集まる教室に通うことにしました。

リトミックや工作、体操なんかをする教室です。

人見知りIN教室

初回は入れました、が、終始抱っこ

ですが初回だったため全体的に緊張しているのか、数組そんな親子もいました。

まあ慣れるかなと思い、リベンジです。

2回目はむすこの大好きなシール遊びとお絵描きだったので大丈夫かな…と思いました、が。

 

1枚の紙に数人で集まって描くスタイル。

子供の距離が近い。

 

当然かたまって動けないむすこ。

クレヨンとシールをもって俯いています。

心配した職員さんが顔を覗き込んできました。

ここで恐怖が臨界点を超えてしまい、号泣。

その日はそこでおいとましました。

 

3回目はもうしっかり覚えたのか、教室に入った瞬間号泣。

最初のお話の邪魔になってしまうので外に出ました。

落ち着いたから、と教室の前に戻るとまた号泣。

その日は誰とも話さずに帰りました。

 

比べるもんじゃないというのはわかってます。

他の子は笑顔で体操したり職員さんとハイタッチしてるのに、なんでうちの子だけ…

さすがにちょっと堪えました。

 

親のエゴ

落ち込んだのは一瞬で、あとは考えてました。

子供にこんな思いをさせてまで人見知りを直す必要がある?

そりゃ敵ばかりでびくびくしてたらそれはしんどいと思うし、直した方がいいとは思います。

でも、こんな荒療治までする必要は、ないよなあ。

むすこはひとりだとずうっと笑顔で遊んでいます。

児童館でも、公園でも、ひとりならずっと笑ってます。

 

それを見てたらなんだかばかばかしくなって、帰ってすぐに教室を辞める電話をしました。

出てくれたのはお絵描きのときに心配してくれた職員さんです。

「毎シーズン、人見知りやおとなしくできないなどの理由で何人か辞めていきます。

むすこくんだけがダメなわけじゃないのであんまりむすこくんやママ自身を責めないで、時々遊びに来てくださいね」

 丁重にお礼をいって電話を切りました。職員さんちょういいひと…

4回通って半分以上外に出てたけど、こうして教室通いは終わりました。

いつも教室の前日はナーバスになっていたけど、辞めたら私も楽になりました。

f:id:taredog194:20180607235026j:image

 

人見知りという個性と付き合っていく

人見知りは一向に治りませんが、まあこれも個性。

どうせ数年したら親なんておいてピャーッと走り出してしまうもんでしょう。

ある程度の対処法はわたしも覚えてきたので、ちょっとずつ慣らしていこうと思っています。

 

がんばれ、むすこ。

再来週義実家の面々と会うので、まずはそこをがんばれ。