アタイズム

2歳0歳のむすことゆかいに暮らすおかんの記録

絵本大好き2歳半男児、お気に入りの絵本12選〜のりものや図鑑、キャラものなどなど!

こんにちは、あたいです。

見てくださってありがとうございます。

 

1歳半当時、のりもの絵本しか読まなかったむすこ@2歳9ヶ月(長男)ですが…

www.atai-no-kosodate.com

いまではすっかり絵本大好き坊主になりました。

1週間〜2週間に1度図書館に行っては10冊借りて帰ってきます。

自分で眺めることも多いですし、寝る前も3〜4冊読むのが日課

そんな絵本大好き2歳半が特にお気に入りの絵本を10冊まとめました。

やっぱり大好き乗り物えほん

結局原点になっているのはのりもの絵本

いまでも一番多く借りてくるのはのりもの絵本、あいかわらず大好きです。

ぐるぐるまわるやまのてせん

溝口イタルさんのでんしゃのひみつ絵本シリーズです。

シリーズ名通り、なかなか知らない電車のひみつが書かれていて、大人でもおもしろい!

デフォルメされている絵が可愛く、山手線のほかに横を走る特急や新幹線も載っているため飽きません。

山手線のほかにもドクターイエローや地下鉄などの絵本が発売されており、むすこの大好きなシリーズです。

せんろはつづく

山があったらどうする?道があったらどうする?

と、実際に線路を組み立てていくような感じでむすこも楽しんでいます。

とても優しい絵柄で、見ていてほっこりします。

あかくんまちをはしる

絵の一枚一枚が絵画のようで可愛いあかくんシリーズです。

バスや緊急車両、工事車両など、男の子の大好きな車がたくさん登場します。

むすこも1ページずつ、出てくる車を一台一台見ています。

あかくんが登場する「あかくんでんしゃとはしる」では電車と並走するので、電車好きでも楽しめます。

ひとりでじっくり読める、図鑑

絵本はたくさん読みますが、ひとりで読む…というか眺めているのは図鑑が多いです。

0さい〜4さいこどもずかん

こちらは写真ではなく絵で描かれた絵本。

特徴をデフォルメして描かれているので、導入には最適かと思います。

のりものもたくさん描かれているのでむすこは大喜びです。

はじめてのずかん555

一歩進んで写真の図鑑です。

絵ではどうしても伝わらない細かい部分(うどんラーメンの違いなど)がしっかりわかるので伝わります。

動物園にいった帰り、図鑑で見て「これ見たね!」と言ってくれるのはなかなか嬉しい…!!

キャラが可愛いキャラクターえほん

グッズ展開もされているキャラクターものです。

シリーズも多く、一度はまるとたくさん読めるのが魅力。

ペネロペ、あいさつできるかな

NHKのほか、Amazonでも見放題になっていることがあるのでよく見ています。

特にこの「あいさつできるかな」は挨拶が苦手なむすこに効きました!

ペネロペもちゃんと挨拶してたよね、と促せば挨拶ができるように…

ほかにも服を着るお風呂に入るなど、生活習慣に紐付くものも多いので、教育にもよいかも。

しろくまちゃんのほっとけーき

こぐまちゃんシリーズから、お気に入りのホットケーキです。

ホットケーキを焼くシーンがリズミカルで、むすこが一人で絵本を広げて楽しく読んでくれます。

オノマトペが楽しいので、2歳半といわずもっと小さい子でも楽しめそう!

ユニクロからよく同シリーズのTシャツやパジャマが出るので、こぐまちゃん着よっか!と自分から着替えてくれるのもうれしい…

うさこちゃんとあかちゃん

ミッフィーちゃん……もとい、うさこちゃんシリーズです!

下の子が生まれる前に、弟ができるのをイメージさせるつもりで読みました。(お話では妹ですが)

赤ちゃんくるの?と多少わかってくれたようでよかった…かな?

このうさこちゃんシリーズ、版にもよりますが、巻末に「○歳にオススメ」とほかのシリーズを紹介するものも。

何を読ませるか迷ったときの目安としてとてもありがたいです。

生活に直結!読みやすいたべものえほん

毎日食べるたべものの絵本は、生活に直結する分こどもの反応もなかなか!

これ食べたいとリクエストされることも。

おべんとう

白ご飯、ウインナー、卵焼き…と、お弁当を詰めていくお話。

あーんと食べたり、くるんで渡してくれたり、読みながらいろんな遊びをしてくれます。

ブロッコリーを食べなかったむすこが「この本に出てきたでしょ!」で食べてくれたのでありがたかったです。

くだものだもの

おかあさんといっしょをご覧のママさん、「あさごはんマーチ」の絵の方です!!

くだものを使った言葉遊びの本で、むすこもよくまねっこしながら読んでくれます。

パパイヤなど身近でないものもありますが、この絵本でたくさん果物を覚えてくれました!

挑戦したい、ものがたり

言葉遊びや絵を楽しむだけでなく、お話がわかるようになると物語も読めるようになりました。

簡単なものですが、楽しく読んでいます。

ねずみのいえさがし

可愛いねずみの写真で構成されている絵本。

ものがたりではありますが、「ここはどうかな?いや、ここは○○すぎる」と同じ調子ですすんでいきます。

その言い回しで一緒に読み進めていくのがとっても楽しい絵本です。

とんとん とめてくださいな

こちらもねずみの絵本です。

ハイキング中に迷子になった3匹のねずみのお話なのですが、最初はちょっとどきどき、最後は優しいお話です。

空いている家で休んでいるところに同じく迷子になった動物が迷い込んできて、持ち主が帰ってくると…!?というお話。

やさしい動物の絵と、後半にかけて盛り上がってくるところが気に入っているようです。

 

図書館に行ってみよう

いろいろオススメしましたが、どれも図書館にある本ばかりです。(図鑑以外は…)

気に入った本は買って読んでいますが、やはり図書館はとても刺激的!

図書館の特設コーナーには季節にあった絵本、年齢別の絵本など、結構細かく置かれていることも。

遊びに迷ったら図書館に行くのはとってもオススメです!