アタイズム

2歳0歳のむすことゆかいに暮らすおかんの記録

【出産レポート①】初産は破水スタート!!破水〜微弱陣痛で陣痛促進剤投与まで

こんにちは、あたいです。

見てくださってありがとうございます。

 

ついに39週に入りました!!

もういつ生まれてもおかしくない状態です。 

むすこのときもそうでしたが、毎日そわそわ暮らしています。

そんなわけで第2子の出産を前に、むすこの出産時の様子について書きました。

入院中に書き溜めたものを改めて清書した感じです。2年越し。

出産の前兆てんこもりの出産前日

出産の前兆といわれるもの、たくさんありますよね。

  • 前駆陣痛
  • おしるし
  • お腹が下がる
  • 胎動の減少

私の場合、39週4日を迎えても一向にありませんでした

ものすごく弱い前駆陣痛がときどきあったくらいで…….

39週0日の検診ですでに3500gを越えていたため、いつになるの!?という思いを抱えながら、毎日2時間ばかし歩いておりました。

出産前日、突然出産の兆候が

まず出産前日の朝、いつものおりものとは明らかに異なるおしるし…!

この時点でちょっと慌てますが、おしるしだけでは何もできないし、特に痛みもないのでそのまま。

いつも通りウォーキングに出かけます。

f:id:taredog194:20190829231722p:plain

その後、お昼過ぎにひと休みしているとものすごい胎動があり、肋骨が折れるのかというほど。

でも夕食後、その胎動がかなり減ったのです。

もちろん胎動カウントをすれば30分に1回は必ずあるので心配するほどではないのですが、昼間に比べ、明らかに減っています。弱いし。

当時は里帰りだったため、一気にお産の兆候がきたね〜、と、夫と電話で話しながら寝ました。

深夜1時過ぎ、破水!!

夫と電話をしたのが12時すぎ、切ったのは12時半頃。

ですが妙に浮ついて目が冴えてしまって眠れず、ごろごろしていました。

破水だ!

ごろごろしていた1時すぎ、つうっと何かが流れ落ちる、明らかに尿漏れとは違う感覚が…

慌てて飛び起きトイレに駆け込むと、ぼたぼたと血混じりの水が流れ落ちてきました!!

これはどう考えても破水…

というわけで、おりものシートを夜用ナプキンに付け替えてトイレをでました。

手筈通りに病院に電話、破水だろうということですぐ来るように告げられます。

そのドタバタで上の階で寝ていた母も起き、病院まで送ってもらえることに。

破水のレベルとしてはちょろちょろ…くらいでしたので、一応バスタオルを当ててはいましたが、ナプキンから溢れることはありませんでした。

いざ病院へ

そして深夜1時半ごろ、病院に着くとすぐにLDRのある部屋へ。

まさか尿もれだったらどうしようと思ってましたが、成分的にも破水で確定だったのでそのまま入院することに。

f:id:taredog194:20190829231905p:plain

ちなみにそのときは子宮口2cm、1週間前の健診は1cmあるかないかだったので全然開いてないです。

そこで気付いたのですか、そもそも陣痛がきてない

破水してから24時間以内に陣痛が来るそうなので、破水直後に陣痛がないこともままあるのですが……

とりあえず入院したことを夫にLINEして母にも一度帰宅してもらい、明日に備えることにしました。

それが深夜2時半のことでした。

ちなみに今回のことを踏まえて二人目の出産で備えた入院準備は以下の通りです。

www.atai-no-kosodate.com

出産当日、午前中

2時半に就寝し、痛みで起きたのは2度ほど。めっちゃ寝てます

看護師さんが朝ごはんを持ってきてくれたことで目が覚めました。

ふつうに寝てましたね……朝ごはんも完食です。

陣痛を促そうの巻

子宮口も全然開かないまま、陣痛も1時間に1回あるかないか。

助産師さんには「まだまだみたいだからどんどん動こう!!」と言われる始末……

産婦人科のフロアをあっちへウロウロこっちへウロウロ。

部屋に戻ってはヨガをしてみたり……。

f:id:taredog194:20180813150141j:plain

夫が大阪から到着した時もヨガの最中だったので、お産が進んでいると思っていた夫は「???」といった感じでした。そらそうよね。

色々やってじわじわ陣痛が来始めたものの、その間隔が10分を切ることはあまりありませんでした。

微弱陣痛の巻

お昼ご飯まで食べた13時半、また内診の時間です。

この時点で破水から12時間。

現段階では陣痛よりむしろ内診のほうがめちゃくちゃ痛いのですが、子宮口は4cmと、全然お産が進んでません。

f:id:taredog194:20190829232322j:plain

11時過ぎからちょっと進んでいた陣痛の間隔も10分を切らず、助産師さんからは微弱陣痛との診断。

ここから本格的に陣痛が始まって、そこから一般的に12〜15時間かかる、とお産のしおりに書いてあったのを思い出し、気が遠くなりました。

出産当日午後、促進剤…?

しばらくしてから助産師さんが戻ってきました。

促進剤を投与するのはどうかということでした。

陣痛促進剤??

理由は

  • 微弱陣痛状態にあること
  • 判断が遅れるほど子宮の筋肉や赤ちゃん自身も疲れてしまい、促進剤が効きにくくなること
  • 夫が大阪からきているため、本陣痛がいつになるかがわからずこのままだと帰れるのが大幅に遅れてしまうこと(夫は別にそれはどうでも…と言ってたけど)

の3つ。

実は私はバースプランに「促進剤は入れないでほしい」と書いていたのです。

理由は単純で、「促進剤入れるとものすごく痛いらしい」ということ。

自然なお産がいいとかそういう理由ではなく、痛そう…程度の理由。

現在の痛みというかどっちつかずの状態が早く終わるなら…ということで、促進剤の投与を決断しました。

促進剤を投与することに!!

促進剤の投与にあたり、いろいろと説明を受けました。

書類に署名する余裕まであったので(ない人もいるらしい)やっぱりあんまり進んでなかったのですね。

いろいろと準備があるので、14時すぎから投与することになりました。

初産、がんばります!!

めちゃめちゃ長くなってしまったのでとりあえずここまで。

次回、ついに出産です。

お付き合いいただけますと幸いです。 

www.atai-no-kosodate.com