アタイズム

2歳0歳のむすことゆかいに暮らすおかんの記録

丸の内で子連れランチ!〜KITTEの屋上庭園で電車を見ながらお弁当を食べるの巻

こんにちは、あたいです。

見てくださってありがとうございます。

 

子連れに嬉しいトレインビューランチめぐり、第3弾でございます。

というより第2.5…?という感じ。

ちなみに第2弾はこちら、丸の内の和食えんさんでした。

taredog194.hatenablog.com

むすこ@1歳10ヶ月がおとなしく座って楽しめるお店を探しているのですが、その番外編といったところです。

今回はお店ではなくて、屋上庭園でお弁当食べよう〜という試み。

行ってみたのは丸の内にあるKITTEの屋上庭園です。

結構前から行きたかったのですが、ようやく夏の暑さが落ち着いたので行ってきました!

しかも2回行きました。

なんせあんまりにも電車好き子供連れの楽園だったもので…

KITTEについて

例によって屋上庭園のあるKITTEのご紹介。

出産前から好きで、東京にいたころはしょっちゅう行っていたKITTE。

特にオススメなのが入場無料の博物館であるインターメディアテク

東大がコレクションしている化石など、かなり見ごたえのある施設です。

子連れで行くにはまだまだ早いですが、いつか連れて行きたいところの一つであります。

アクセス

KITTEはJR東京駅丸の内南口の目の前にあります。

f:id:taredog194:20181104234159j:plain

各線地下通路を通れば地上に出ることなくアクセスすることも可能!

2回目に行ったのはJR有楽町駅からだったのですが、こちらからも徒歩で行けます。

ほぼ一本道で、ベビーカーを押していても10分程度で着きました〜

赤ちゃん向け施設について

地下と1階、5階を除いた各フロアでオムツ替えができ5階には授乳室も。

5階はトイレではなく授乳室のところでオムツ替えができます。

屋上庭園があるのは6階でもオムツが替えられるので、オムツ替えのために移動しなくていいのは大変ありがたかったです〜

KITTEの屋上庭園へ

遊ぶ前にオムツをささっと替え、さあ遊ぼう…!!

と、屋上庭園に行く前に、まずはお昼ご飯の調達するのをオススメします!

お弁当の調達

9月に行った時はお弁当屋さんがいくつかあったのですが、10月に行くとなぜか軒並み閉店…!

それでも地下1階に成城石井とローソンがあるので、そちらで十分用意できます。

f:id:taredog194:20181105145414j:image

2回目の訪問時はローソンでカフェオレを買っていくという優雅なティータイムになりました。

あとはせっかく東京駅を通ってきているので、東京駅で駅弁を買ってくるのもなかなか楽しめそうです。

というかそうしている人がいたのでうらやましかった…次はそれにします!

いざ屋上庭園へ

むすこが食べれる物をささっと見繕い、6階の屋上庭園へ。

開けたところに出て行くと…見えました!

f:id:taredog194:20181104233133j:image

すげい。

東北新幹線から東海道新幹線…何本もの在来線やビュー踊り子、常磐線の特急(ひたちかときわ)などなど、ものすごい数の電車が見れます。

この線路の数の通りとにかくひっきりなしにくるので、飽きることがありません。

子連ればかりなのですが、みんなテラスにへばりついています。

ちなみにこれはエレベーターを出て右側から見た場合の眺め。

反対側まで歩いて行くと…

f:id:taredog194:20181104233332j:plain

東京駅のバスターミナルを見ることもできます。

はとバスや都バス、観光バスもやまほど来ていて、バス大好きな息子はこちらにも大興奮!

ベンチもあって公園みたい

ひとしきり見た後はお昼の時間。

ベンチはかなりの数があり、座れないことはないと思います。

こんな感じのベンチ?も。

f:id:taredog194:20181104233422j:image

2回目の訪問時、お友達と大勢で行った際にはこれも乗っては降りという遊び場になりました。

屋上庭園自体が結構広いので、子供たちが走っても全然平気。

電車に飽きたら走って遊ぶ、と、かなり長い時間滞在できます。

気候がよければ長く遊べる

屋上庭園のため、気温や天気にかなり左右されてしまうところがネックですが…

それさえクリアできればアクセスよし走ってよし電車眺めてよしと、かなり長く、飽きずに楽しめる施設です。

なんせ無料の施設なので気軽に行けるものありがたいですよね。

個人的には超お気に入り施設になりました。

ちなみに夜景のほうも人気だそうですが、子連れにはまだまだ気の早い話ですね…

これからもどんどん行ってしまいそうな、KITTEの屋上庭園でした。